オランダ大使館公邸一般公開2014

東京を楽しむ!Have fun in Tokyo > 散策 > オランダ大使館公邸一般公開2014

オランダ大使館公邸一般公開2014

4月12日(土)にオランダ大使館の公邸が一般公開されたので、行ってきました。

昨年は、土日と2日間開放したようなのですが、今年は1日だけのようでした。

並ぶだろうな、と思いながら、地下鉄日比谷線の神谷町駅に着いたのが、9時半前でした。

神谷町駅の出口案内では、オランダ公邸は1番と3番と両方の案内がありますが、どちらから出ても、公邸が坂の上の方にあるので、坂道をぐるっと回って歩く事になります。

坂の下のあたりから列ができていたので、すぐにわかりました。



Sponsored Link




10時の開門時間を、少し早めたように感じました。結局30分弱の待ち時間で入れて、帰りに入口を見たら、入場制限していたので、最初のグループで入れたのだと思います。

道の外側にもチューリップが植えられていて、並んでいる間も楽しめました。

反対側を見ると、東京タワーが見えて、近いことを実感しました。

2014-04-12-walk1


門を入ると、大鉢に植えたチューリップがいくつもあって、こうして1種類のチューリップをまとめて植えるのもキレイで、こんなに球根をつめて植えても、立派に咲くのだとわかりました。


2014-04-12-10.33.29

オランダ公邸は、白と緑を基調にしたデザインの洋館です。それが周囲の木々と融合して、静かな一角にあるので、都会の中ではないような錯覚を覚えます。

オランダ公邸


大使の車かわかりませんが、可愛い車が停まっていました。

国旗は垂れ下がっていたので、写真を撮りませんでしたが、水平三色旗といって、上から赤・白・青の三色の旗なのです。

世界最初の三色旗(トリコロール)といわれていて、その後に様々な国旗に影響を与えたそうです。

赤い部分は、以前はオレンジだったそうで、オレンジはオランダのシンボルカラーなのです。

サッカーのオランダ代表もオレンジをチームカラーとしています。

そういう事もあってか、車はオレンジ色でした。


2014-04-12-walk2


玄関を入ると、オランダ国王夫妻の写真が飾られていました。

2013年に王位を継承したウィレム=アレクサンダー国王とマキシマ女王です。皇太子ご夫妻が、王位継承式に出席された事が記憶に新しいです。


2014-04-12-10.10.08


室内は、どの部屋もセンスがよく、品があり、落ち着きが感じられました。全室のカーテンが統一されているようです。

白い壁、薄いオレンジ色のカーテン、グレイの椅子が基本のようで、そこに色とりどりの花がキレイに飾られていて、アクセントになっていました。

部屋によって置いてあるお花のアレンジが違って、素敵でした。


玄関脇の書斎です。

2014-04-12-10.11.02-HDR


写真では見えませんが、階段の上には、ステンドグラスがあります。


2014-04-12-10.11.50

2014-04-12-10.11.37

2014-04-12-10.12.10

ダイニングルームです。

2014-04-12-10.12.50


2014-04-12-10.13.10


室内を見学してから、庭に出ました。

チューリーップがたくさん植えられていて、その中には変った形のものがあり、興味深かったです。


2014-04-12-walk3

花びらが多いととても立派に見えて、ピンクと白の割合がよくて、キレイでした。

オランダ大使公邸のチューリップ


バルコニー前の洋芝には入ることができませんでしたが、周りにはケヤキ、ソメイヨシノ、大島桜などが植えられていて、緑が茂っている小道を散策しました。

きっと桜の季節もきれいだったと思います。庭園を回遊する小道の散策は、都会にいることを忘れるようなひとときを感じさせてくれました。

庭は灯篭などがあって、日本のものも取り入れています。

2014-04-12-walk4


公邸の西側です。

2014-04-12-10.32.32


順路を一回りしてから、大使館へと続く道を歩いてみました。

2014-04-12-10.33.57

両脇にびっしりとチューリップが植えられていました。

あまり陽が当たらない道端のような場所でも、見事にチューリップが咲いているので、関心しました。

上手に育てると、どんなところでも咲かす事ができるのか、土がよくて肥料も使っているのだと思いますが、本当によく咲いていて、来年は我が家でもチューリップを咲かせたくなりました。

オランダ大使館の手前までしか行けませんでしたが、敷地にはプールがあるのが見えました。25mくらいのプールともう1つ小さなプールがありました。

2014-04-12-walk5



オランダ公邸は、明治16年(1883)にこの場所に移転して、木造2階建ての西洋建築の建物は関東大震災で焼けてしまい、今のオランダ公邸は昭和3年(1928)に再建されたそうです。

メンテナンスがされているからか、古さを感じることなく、素敵な洋館でした。

外観は正面、側面、背面のそれぞれが左右対称です。そのために、とても調和が取れていて、重厚さを感じるものでした。

入口近くで、球根とクッキーの販売をしていたのと、オランダ観光や苗のパンフレットを配っていました。

これから夏に咲く球根を購入してきました。


オランダ公邸の庭は、第一園芸が管理しているようです。チューリップを見事に咲かせるコツが知りたいところです。





帰りは、歩いて東京タワー方面へ行き、東京プリンスホテル前庭のベーカリーレストランでランチをとりました。

途中の道から撮った東京タワーです。緑と一緒に撮れる良いポイントでした。

2014-04-12-10.56.00


ベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン 」は11時からランチタイムですが、7時半開店でモーニングタイムがあるので、すでに満席で、名前を書いて20分くらい待ちました。

2014-04-12-walk6


オランダ公邸に入ったのが、10時頃で、レストランに着いたのが11時だったので、公邸には1時間もいなかったことになりますが、大満足でした。

Netherlands ambassador’s residence was opened to the public for one day only. The European-style building based on green and white was quite lovely.

Speaking of the Netherlands, their tulips are the most famous. So naturally, the residence has a lot of tulips bloomed in the garden. Not just a regular kind, there were many unusual kinds too. And they were all very beautiful. I definitely want to visit this place next year again.


関連情報

  1. 麻布十番商店街と六本木ヒルズの毛利庭園散策
  2. 椿山荘で開催された主婦フェスと庭園散策
  3. 御朱印めぐり東京 半蔵門の平河天満宮
  4. 上野アメ横商店街散策 二木の菓子とお寺
  5. 築地市場 場外ランチと買物散策
  6. 浅草和菓子食べ歩きと浅草神社御朱印
  7. 原宿ランチと東郷神社の御朱印
  8. 目黒雅叙園 百段階段と庭園散策
  9. 御朱印めぐり東京 大森 磐井神社と大森神社
  10. 御朱印めぐり吉祥寺でランチ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

散策

東京近郊

御朱印

グルメ

ディズニーリゾート

美術館・博物館

ハイキング

山歩き

イベント

東京スカイツリーとソラマチ

お土産

デパート

交通

東京オリンピック2020

Author

管理人:JUN
居住地:東京