見どころ一杯の新宿御苑散策

東京を楽しむ!Have fun in Tokyo > 散策 > 見どころ一杯の新宿御苑散策

見どころ一杯の新宿御苑散策

新宿御苑に行ってきました。偶然ですが、入場料が無料の日でした。(通常は大人200円)

見どころがたくさんあって、とてもよい公園で、また行きたいです。

かなり歩いたのですが、全部は回りきれませんでした。

それに見落としたところがあり、事前チェックが必要だと思いました。

御苑の中は、フランス式庭園、イギリス風景式庭園、日本庭園などの、よく手入れされている部分と、大きな木が多く昼間でもうす暗く、自然が残されたような部分とがあって、いろいろなシーンと季節の花を楽しむことができます。

メインは、シンボリツリーのユリノキがある、中央の綺麗な芝の広場だと思います。

ここは開放感が一杯で、ただ座っているだけで、癒されそうです。

都会の真ん中にこれだけの敷地の公園があるのは、とても良いです。

遠くまで行かなくても、新宿御苑で十分季節を味わえます。年間パスポート(2千円)があるくらいなので、かなり人気があるのでしょう。






新宿御苑の入口は3箇所ありますが、大木戸口から入りました。


sg


多くの人は、新宿口から入るようですが、近くのイタリアンレストラン「イルバッティクオーレ」でランチをしたので、大木戸口になりました。

以前もこのコースをたどっていますが、その時は新宿御苑の中に入らなかったので、今回こそは散策しようと計画していました。

大木戸口を入って、左方向に進むと、木々の間から池が見えます。ここは、江戸時代に完成したようです。


sg2


自然がそのまま残っているような池です。


それから、プラタナスの並木です。ここがとても素敵でした。


sg3


プラタナスの木は背が高くて、キレイに並んでいて、良い形をしていました。

並木にはベンチがあります。ベンチに座ると、目の前にあるフランス庭園が見えるので、良い場所です。

よく考えたら、これだけのプラタナスの並木を見たのは、初めてだと思います。


そして、フランス式庭園です。少し、ベルサイユ宮殿の庭園に似ているのでしょうか。刈り込みが綺麗です。


sg5


バラのピークは過ぎていますが、まだ少し咲いていました。木立バラです。高さも揃えられていて、綺麗でした。


sg6


香りのバラには表示があって、近づくと、バラの香りを楽しめました。


それから、イギリス風景式庭園の芝生です。このあたりを歩かなかったのが心残りです。


sg4


向こうに見えるビル郡と芝生の組み合わせは、NYのセントラルパークのようだと思いました。

とても良さそうなメイン広場です。

そして、先端が尖がっていて、ひときわ目立つタワービルは、NTTドコモビルです。

もう10数年前からあるのは知っていましたが、初めてドコモタワーだと知りました。

企業ビルなので、中には入れないようです。


紫陽花が多く植えられているコーナーです。


sg7


そして、千駄ヶ谷門です。この門の外は、住宅街です。


sg8


この門だけは、他の2つの門と趣きがまったく違います。

後から出来た門なのでしょうかね。

池や灯篭がある、日本庭園です。


sg9


変った形をしている建物は、昭和天皇御成婚の時に、台湾在住の日本人から贈られたものだそうです。

台湾式の建築なので、屋根の形が変わっていますね。

日本庭園は、やはり見ていると落ち着きます。ツツジの季節なら、もっと綺麗だったことでしょう。


sg10


それから、茶室がありました。営業していました。

立居スタイルのようなので、それなら正座をしなくて、楽ですね。外国の方も楽しめるでしょう。


sg11


池は、上の池、中の池、下の池、とずっと続いています。


sg12


最後に新宿門です。ここの門から入る人が圧倒的に多かったです。


sg13


新宿御苑は、徳川家の家臣の江戸屋敷の一部がルーツだそうです。

明治に入って、農事試験場になり、それから皇室の庭園になり、昭和24年に国民公園として一般に公開されたそうです。

広さは約18万坪で、周囲は3.5kmです。全部ゆっくり見て歩くと、2時間くらいかかるかと思います。






ところで、TBSドラマの「天皇の料理番」で知られることになった、秋山篤蔵さんが宮内省大膳寮に入った頃は、新宿御苑は皇室の野菜や果物の栽培園でした。

上司になる福羽逸人さんは、農学者で、新宿御苑の庭園やいちごの栽培に貢献した人で、フランスから取り寄せたいちごの種を、新宿御苑で栽培して品種改良し、「福羽」という名品種を作ったそうです。

新宿御苑の歴史を知ると、より楽しめますね。

新宿御苑へは、新宿、新宿3丁目、新宿御苑前、千駄ヶ谷、国立競技場、とたくさんの駅から歩いて行く事ができます。



Shinjuku Gyoen is the national garden located in Shinjuku, one of the most urban areas in Tokyo.

In the past, it belonged to the imperial family and then opened to the public after the WWII.

The park is vast and have many places of interest. The major attractions are formal gardens of French, British and Japanese.

When constructed in Meiji era, French and British gardens were considered as modern western gardens. Each garden is well designed and quite impressive. You will enjoy seasonal flowers as you stroll in the gardens.

It is great to have an oasis like this in the middle of Tokyo.



関連情報

  1. 麻布十番商店街と六本木ヒルズの毛利庭園散策
  2. 椿山荘で開催された主婦フェスと庭園散策
  3. 御朱印めぐり東京 半蔵門の平河天満宮
  4. 上野アメ横商店街散策 二木の菓子とお寺
  5. 築地市場 場外ランチと買物散策
  6. 浅草和菓子食べ歩きと浅草神社御朱印
  7. 原宿ランチと東郷神社の御朱印
  8. 目黒雅叙園 百段階段と庭園散策
  9. 御朱印めぐり東京 大森 磐井神社と大森神社
  10. 御朱印めぐり吉祥寺でランチ

散策

東京近郊

御朱印

グルメ

ディズニーリゾート

美術館・博物館

ハイキング

イベント

東京スカイツリーとソラマチ

お土産

デパート

交通

東京オリンピック2020

Author

管理人:JUN
居住地:東京