小江戸 川越観光半日コース

東京を楽しむ!Have fun in Tokyo > 東京近郊 > 小江戸 川越観光半日コース

小江戸 川越観光半日コース

川越に行ってきました。埼玉県になるので、東京近郊です。

川越は蔵造りの商家が並んだ街並みが有名で、TVで何回も紹介されている観光地です。

池袋から東武東上線の急行で約30分で川越駅に着くので、行こうと思えば簡単に行けるところですが、なかなか縁がありませんでした。

東武東上線を使わない場合は、新宿から西武新宿線に乗って、「本川越」で降りることになります。こちらは、もう少し時間がかかります。

初めて行ったので、とても新鮮で、楽しかったです。

川越観光のアクセスは、東武東上線とバスがセットになった「小江戸川越クーポン」(池袋からは1,000円)がお得です。

2014-05-26-13.29.142014-05-26-13.28.14



バスは乗り降り自由で、降りる時に帰りの乗車券を見せるだけ。

パンフレットに載っている施設では、割引やサービスも受けられるので、東武東上線を利用する場合は、購入した方がよいです。


川越が小江戸と呼ばれるのは、江戸の文化が入ってきて、蔵のある商家が増えて、定着したからだそうです。

江戸は昔火事が多くて、耐火建築としての蔵作りが進み、江戸と行き来のあった川越もそれにならったようです。



川越観光コースは、大きく3つに分かれます。

一番のメインストリートである蔵作りの商家が並び、「時の鐘」や「菓子横丁」があるエリア、川越城の「本丸御殿」や「川越市立博物館」「川越市美術館」があるエリア、そして「喜多院」があるエリアです。

大抵の人が一番メインになる蔵の道から行くのではないかな、と思います。

川越駅から歩くには、クレアモードという商店街を抜けていくと、楽しめそうです。



川越散策スポット 蔵作りの街並み

まずは、川越駅からバスに乗り、蔵がある辺りを目指しました。下車したのは、「仲町」で、そこが蔵が並ぶ通りの入口です。

歩道はありますが観光客が多いので、歩きにくいと言えば歩きにくく、車道は車やバスが通ります。

あまり混んでいない朝一番に歩いた方がよいな、と感じました。


通りには蔵のあるお店が続いて、銀行や宅配便、郵便局も、街に溶け込んだ建物をしてします。

ほんの一角と言えばそうなのですが、懐かしいような日本らしさが残った一角です。

2014-05-23-10.24.10

お菓子やさんが多くて、迷ってしまいますが、TVでも紹介された「赤門」で温かい「いも恋」を購入して、食べ歩きしました。

とても素朴で昔懐かしい味です。さつまいもと小豆が入ったものですが、周りの皮は、山芋をすりおろしたもち粉が使われているそうです。


2014-05-23-10.21.522014-05-23-10.21.41


銀行も素敵な建物です。


2014-05-23-10.25.38


そして、有名な「時の鐘」へ。川越のシンボルです。階段は上れませんが、今でも1日に4回、鐘を鳴らしているようです。


2014-05-23-10.41.09

高さは、16mで、残したい日本の音風景100選に指定されています。

そのお隣のお菓子屋さんで、また買物。さきほどのお店と同じです。

川越は芋菓子が多くて、どこに行ってもあるのですが、やはりスイートポテトが気になって、お土産に買いました。

それから、看板を見て気にになっていた「たまねぎの漬物」を買いに戻りました。

たまねぎを丸ごと漬けたものです。

2014-05-23-10.27.32-HDR2014-05-23-10.29.25

4種類の試食が出来たので、全部お試しをして、定番のしょう油漬けを買いました。冷蔵なのですが、その後ずっと持ち歩きましたが、大丈夫でした。

暑い夏場は不安なので、最後に買うとよいですね。

味付けは、しょう油、梅、こしょう、ワインの4種類です。たまねぎの辛さはなく甘みさえ感じられて、どれも食べやすいです。

2個入りを買いましたが、もっと買えば良かったと思います。

さつまいもを使ったお土産はたくさんありましたが、たまねぎの漬物はここだけではないかと思います。

2014-05-23-19.06.102014-05-26-12.21.27



Sponsored Link




そして、川越に行ったら見ておくとよいと聞いた「川越まつり会館」へ行きました。

クーポンを使って、団体価格で入ることができました。

展示コーナーに続いて山車の展示ホールがあり、実際に使われている2つの山車が展示されていました。

2014-05-23-10.46.262014-05-23-10.47.41

6分間の映像と終わってからの説明で、川越祭りは立派なお祭りなのだと知りました。

山車は、高さがあって豪華です。特徴は、二重鉾で、迫り上がり式です。お城の門など低いところを通る時には、低くしたようです。

川越祭りは、10月の第3土曜、日曜です。



その他蔵作りの通りで見た、気になったものです。

亀の形をしたドラ焼きと抹茶コーラ。お茶で有名な狭山茶を使ったコーラのようです。

2014-05-23-10.43.302014-05-23-11.13.59


それから、菓子屋横丁へ。

通りすがりに発砲スチロールでできたオブジェを見つけました。

2014-05-23-11.17.202014-05-23-11.26.15-HDR

こういうオブジェが点在していて、それを探しながら歩くのも楽しいと思います。

菓子屋横丁は、路地を入った一角に、昔懐かしい駄菓子屋さんが軒を連ねています。

昔はたくさんのお菓子屋さんがあったそうですが、今は10数軒です。

日本一長いといわれる「ふ菓子」もありました。

2014-05-23-11.21.05

楽しい横丁です。

2014-05-23-11.23.20

路地を抜けると、またオブジェ。

2014-05-23-11.28.38

そして少し戻って、クーポンを見て、ランチ場所として決めていた料亭「山屋」に行きました。

前まで行くと、ひと気がないので、営業しているのか不安でしたが、やっていて、2階の和室に案内されました。

2階に上がると、庭が見えて、お客さんは年齢が上の方が多かったので、落ちついて食事ができました。

2014-05-23-11.31.492014-05-23-12.36.49-HDR


ランチのメニューは2種類です。(1,500円と3,000円)

2014-05-23-11.46.392014-05-23-12.21.02

1,500円のかごに入ったお弁当にしました。

「小江戸川越クーポン」の帰りの切符を見せて、食後のアイスクリームをサービスしていただきました。

1階には、和室にソファがあり、昔の日本の家を感じます。とても雰囲気の良い空間でした。

2014-05-23-12.57.102014-05-23-12.57.20



川越観光でランチをするなら、お店に入ってもよいですが、食べ歩きする人も多いようで、焼きお握り屋さんは、人が並んでいました。

まつり会館の裏手には大きな駐車場があって、その隣の広場には、たくさんのイスが並んだ休憩所がありました。

ただの空き地にベンチを並べたようなところですが、休憩できる場所があるのはよいです。


川越散策スポット 本丸御殿エリア

蔵の通りから歩いて15分くらいで、川越城の本丸御殿に着きます。

本丸御殿に行く前には、ヤオコー川越美術館や川越市立美術館、博物館、氷川神社、と見所はいろいろあります。

2014-05-23-13.15.18

本丸御殿は、なぜか閉まっていました。とても残念。

2014-05-23-13.19.01

もし、美術館や博物館を見る時間があるなら、下の共通券を購入して、全部の施設を見ると、お得です。

川越市博物館、川越市蔵作り資料館、川越市立美術館、川越城本丸御殿、川越まつり会館の5館共通入場券(650円)



川越散策スポット 喜多院エリア

本丸御殿から歩いて10分くらいで喜多院に着きます。

このあたりも見ようと思えば、見所が一杯ですがまずは、喜多院に行きました。

2014-05-23-13.40.05

拝観料を払うと、喜多院と五百羅漢の中へも入る事ができます。

喜多院は、歴史がかなり古いそうですが、江戸時代に統僧になった天海僧正(のちに上野寛永寺)が徳川家康が川越を訪れた際に親しく接見したことから、川越の大火で本堂が焼けた時に、3代将軍家光がすぐに復旧にとりかかるよう命じたそうです。

そして、江戸城から「家光誕生の間」や「春日局化粧の間」が移築されて、現在も残っています。

家光の時代に、静岡県の久能山から日光東照宮に家康を奉った際に、川越に寄っていったそうです。

近くに仙波東照宮や日枝神社、中院、成田山川越別院などがあります。


五百羅漢は、よくよく見ると、全部違う表情、しぐさをした可愛らしいものです。

2014-05-23-14.30.062014-05-23-14.28.39


喜多院を回るうちに帰りの予定の時間になったので、それ以上は回らず帰ってきました

喜多院の前からは、川越駅に向かうバスがありません。

歩くか(20分くらい)、バス亭のあるところまで行くかで、しばらく歩いていたらバス停があったので、川越駅まで乗りました。

せっかくバスがフリーパスなので、乗りたいなと思ったこともあります。







最後は川越駅アトレ3階にあるベーカリーカフェの「ワイヤードキッチン」でケーキセットを食べました。

たくさん歩いたので、甘いものが食べたくて、抹茶あずきパフェを食べました。

2014-05-23-15.30.192014-05-23-15.29.51

川越は、見所がたくさんあってよいところでした。

それに、バス料金も美術館の入場料も安いことがわかりました。


Kawagoe has been referred to as the “Small Edo” for their architectural resemblance to Edo. The streets of merchants with old-fashioned earthen-walled storehouses are famous. Highlights of Small Edo are divided into 3 areas; Street with old storehouses, temples, and the ruins of castle.





関連情報

  1. 水戸偕楽園の梅まつり
  2. 埼玉 天覧山と多峯主山(とおのすやま)と四里餅
  3. 千葉県 鋸山と日本寺の御朱印
  4. 埼玉 巾着田と日和田山
  5. 東京の近くて良い山 高尾山の登山ルートと服装
  6. 高尾山 薬王院のそば御膳
  7. ケーブルカー・リフトで行く高尾山日帰りハイキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

散策

東京近郊

御朱印

グルメ

ディズニーリゾート

美術館・博物館

ハイキング

山歩き

イベント

東京スカイツリーとソラマチ

お土産

デパート

交通

東京オリンピック2020

Author

管理人:JUN
居住地:東京