紅葉真っ盛りの高尾山とヤマップのピンバッジ

東京を楽しむ!Have fun in Tokyo > お土産 > 紅葉真っ盛りの高尾山とヤマップのピンバッジ

紅葉真っ盛りの高尾山とヤマップのピンバッジ

紅葉真っ盛りの高尾山へ行ってきました。

11月中旬よりも人は少なく感じましたが、紅葉はピークでした。

そして、前回混んでいたもみじ台の茶屋も多少空いていました。

この日は、山地図アプリのヤマップと京王電鉄コラボのピンバッジをもらうことも目的でした。


遅めの10時に高尾山口駅着。
始めて使うアプリのヤマップを起動。
最初に高尾山の地図をダウンロードしておいたので、登山口でスタートを押しました。

今回は、紅葉を見ながら、高尾山薬王院の表参道となる1号路を上りました。

IMG_9599[1]

IMG_9600[1]

一号路とケーブルとリフトから来た道が一緒になるあたりに、新しくできたスミカというお土産屋さんがあります。
お団子を買うのに、長蛇の列ができることも。

お蕎麦やカフェもあります。

IMG_9567[1]

しばらく歩くと、男坂と女坂の分かれ道に出ます。このあたりも紅葉が綺麗でした。

男坂は階段をあがりますが、こちらの方が近道なので、いつもこちら。

IMG_9604[1]

その後、男坂と女坂からの道が合流して、茶屋や薬王院へと続きます。

薬王院で、健康登山のスタンプをいただき(2冊目の11回目)、1回目満行の自分の名札の場所を確認してから、頂上へは行かずに、まき道でもみじ台へ向かいました。

もじみ台の細田茶屋に到着。

IMG_9606[1]

前回よりももみじが色ついていました。

お気に入りのなめこ汁です。三つ葉がたくさん入った、味噌仕立てです。たっぷりの量が嬉しいです。

IMG_9607[1]


それから、山頂へ。山頂も、前回よりはすいていました。

下りは4号路を降りました。木々の間から見える紅葉がきれいでした。

IMG_9608[1]

前回見た倒木はまだそのままでした。

4号も想像していたよりも人が少なかったでの、良かったです。


そして、リフトを使って降りました。
最近リフトで降りるのがお気に入りです。

開けた景色がとても素晴らしく、一人で乗っていると、とても癒される時間になるからです。

二人連れでも、リュックを持って乗るので、一人で乗ることをお勧めします。

IMG_9611[1]

ヤマップは、ちゃんとリフトの道も認識しました。

広場に出たところで、停止ボタンを押しました。

その後、どうやってピンバッジの事を確認するのかわからなかったのですが、お知らせを見るのだと、後で知りました。

お知らせに「ピンバッジ獲得おめでとうございます」と表示されるのです。

そこを押すとピンバッジの受け取り方が書いてありました。

ピンバッジは599ミュージアムの受付でいただきました。

リュックにつけてみました。

IMG_9613[1]


599ミュージアムに行く前には、お決まりのお土産を購入。

わらじかりんとうと高尾まんじゅうと栗蒸羊羹です。お饅頭はバラで買えるので嬉しいです。羊羹もハーフサイズがあります。

IMG_9615[1]


最後に、定番コースで、イタリアンレストラン「ふもとや」に寄りました。

ここは、ドリンクバーがあるので、帰りに一息つくには、ちょうどよいのです。

それに、お店の階段を降りて出れば、そこはもう駅、というとても便利な場所です。

ピザが美味しいし、ケーキやジェラードがあるし、お気に入りのお店です。

繁忙期でなければ、ピザのハーフサイズがあるのですが、今回は繁忙期なのでやっていないとのこと。

それで食べたのは、前から気になっていた高尾豆腐を使ったシフォンケーキです。

お豆腐を使っているのに、よく膨らんでいました。付け合わせの生クリームとアイスクリームが美味しかったです。

IMG_9614[1]

でも、、シフォンケーキは普通の方がよいかな、というのが私の感想です。

とはいえ、小腹が空いていたので、一気に食べてしまいました。美味しかったですよ。


この日はゆるゆる歩きでしたが、ピンバッジがいただけて満足でした。


関連情報

  1. 埼玉 天覧山と多峯主山(とおのすやま)と四里餅
  2. 紅葉季節の高尾山ともみじ台のとろろ蕎麦
  3. 千葉県 鋸山と日本寺の御朱印
  4. 埼玉 巾着田と日和田山
  5. 高尾山のランチとお土産
  6. 奥高尾縦走も楽しい
  7. 東京の近くて良い山 高尾山の登山ルートと服装

散策

東京近郊

御朱印

グルメ

ディズニーリゾート

美術館・博物館

ハイキング

山歩き

イベント

東京スカイツリーとソラマチ

お土産

デパート

交通

東京オリンピック2020

Author

管理人:JUN
居住地:東京