東京御朱印 品川神社

東京を楽しむ!Have fun in Tokyo > 散策 > 御朱印 > 東京御朱印 品川神社

東京御朱印 品川神社

品川神社に立ち寄ったのは、6月の始めのことです。
あじさいが咲いて良いお天気でしたが、日差しは強かったです。

毎年6月の例祭の準備をしているのか、そのようないで立ちの方々がいました。

こちらが、品川神社の御朱印です。すっきりしています。

IMG_9179[1]

品川神社の最寄り駅は、京急の「新馬場駅」(京急の各駅のみ停車)です。
新馬場駅へは、初めて行きました。それも、泉岳寺で電車を間違えたりして、、。
各駅しか止まらないことは知っていましたが、間違えて、泉岳寺から西馬込行きに乗ってしまいました。

用事で新馬場駅近くへ行く時に、品川神社があると教えてもらっての、訪問です。

品川神社は、東京十社の一つで、東海七福神の一社として、大黒天を祀っています。

IMG_9178[1]

入口だけ見ると狭そうなのですが、階段を上がると、開けていて、思わぬものがありました。
予備知識ゼロで行ったので、楽しかったです。

大通り(第一京浜)に面した、鳥居です。
この鳥居は、「東京三鳥居」の一つだそうです。

よく見ると、龍の飾りが、、。「双龍鳥居」といって、上り龍と下り龍がいます。
狛犬も両方いるのですが、写っているのは、片方だけ。

話しながら歩いていると、うっかりが多いです。


IMG_9174[1]

階段を上がると、思ったより広い敷地でした。

IMG_9175[1]

お参りをした拝殿は、忘れて写真を撮らず。

お参りをした後に、御朱印は左手の社務所でいただきました。

そして、右手にある赤鳥居の側らから奥へ進んたところにあるのが、パワースポット「一粒萬倍の泉」です。

IMG_9176[1]

ここに足を踏み入れたら、穏やかな気持ちになりました。

IMG_9177[1]

かごに入れて、千円札を洗いました。
こういう時、洗って濡れたお札はどう扱ったらよいのでしょうね。
ハンカチに挟んで、バッグに入れましたが。

お金を洗うと言ったら、鎌倉の銭新井辨天を思い出しますが、久しぶりの体験でした。
その時だけ、「謙虚な気持ちになる」というイメージを持ちました。
そして、「お金は天下の周りもの」というような気持ち。

きれいになったお札は、その後に行った、品川のお店で使いました。
新馬場駅周辺の商店街は、お店が少ないので、帰りは品川に出て、食事をして帰りました。

後で、品川神社を検索してみたら、もっともっと見るものがあった事がわかりました。
いつもながら、予習が足りなくて、あとの祭りです。





品川神社では、お正月に大黒天の御朱印がいただけるようです。

品川神社の前の道は、第一京浜なので、お正月の箱根駅伝のルートですよね。

近くに、荏原神社があって、そこには東海七福神の恵比寿様が祀ってあるそうです。

そちらも、お正月には御朱印をいただけるので、1月2日の箱根駅伝とセットにしたらよいのではないでしょうか、などど思います。

品川は箱根駅伝1区で、大差がついていない区間ですから、通過する時間は予測がつきやすいと思うのです。


関連情報

  1. 御朱印めぐり東京 半蔵門の平河天満宮
  2. 浅草和菓子食べ歩きと浅草神社御朱印
  3. 原宿ランチと東郷神社の御朱印
  4. 御朱印めぐり東京 大森 磐井神社と大森神社
  5. 御朱印めぐり吉祥寺でランチ
  6. 御朱印めぐり東京 富岡八幡宮と深川不動堂
  7. 北千住でランチと氷川本神社の御朱印
  8. 東京御朱印めぐり 上野東照宮
  9. 明治神宮御朱印と清正の井戸
  10. 御朱印東京水天宮 人形町から浜町散策


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

散策

東京近郊

御朱印

グルメ

ディズニーリゾート

美術館・博物館

ハイキング

山歩き

イベント

東京スカイツリーとソラマチ

お土産

デパート

交通

東京オリンピック2020

Author

管理人:JUN
居住地:東京