皇居一般公開最終日に乾通りを歩いてきました

東京を楽しむ!Have fun in Tokyo > 散策 > 皇居一般公開最終日に乾通りを歩いてきました

皇居一般公開最終日に乾通りを歩いてきました

4月8日(火)の皇居一般公開最終日にもう一度乾通りに行ってみました。

今回は、東京駅から30分あまりで、坂下門まで歩けました。警察官も5日に比べると少なかったです。

東京駅に着いたのが9時過ぎで、5日(土)に行った時に、列が止まってしまった二重橋横までは、15分くらいで行けました。

その後も2回~3回、ほんの少し止まっただけで、持ち物検査と身体検査のところまで行き、ゆっくりですが、スムーズに坂下門まで入れました。

2014-04-08walk1

SPと思われる眼光の強そうな方々が、坂下門の手間に20人くらいいました。

7日も8万9千人が訪れたそうなので、かなり待つことを覚悟していましたが、とても楽でした。

今日も9時半に開門したので、行った時間帯が良かったのかもしれません。

坂下門のところで、後ろを振り返って見ると、ある程度のところで、人の列が止められていました。

早く入れたので、10時半前には、乾門から外に出ていました。

坂下門を入っても人の列が続いていたので、このまま大人数で動いていくのかな、と思っていましたが、最初は坂があるものの、道幅が広がっていたので、ゆとりができました。

すぐ左に宮内庁の建物がありました。右にはすぐお堀があります。お堀には石垣があります。建物は、富士見櫓かもしれませんが、よくわかりません。

2014-04-08walk2

今朝の新聞に、5日(土)の午前中に、天皇・皇后両陛下が一般公開の様子を宮内庁の3階から視察されていた、と載っていたので、なんとなく3階の窓に目をやったりしました。

両陛下は、幅広い世代の人たちが庁舎前を歩き、桜の花もまだ残っているのを、大変喜んでいたそうです。

両陛下が見ているのがわかると会場が混乱する恐れがあったので、気づかれないような形の視察にしたそうです。

乾通りは、桜、松、もみじなどがきれいで、秋の紅葉の時もきれいではないかと思います。

天皇陛下の傘寿を記念して、今年は春と秋に乾通りを一般公開するので、秋も来たいな、と思いました。

2014-04-08walk3

乾通りは、天皇陛下が車を運転される場所です。

途中から、左に入る道があり、近くにいたガイドのような人が「山下通り」だと話しているのが聞こえました。

山下通りにある「紅葉山」は、江戸時代からほとんど人の手が加わっていない場所で、天皇陛下が蚕を飼育されているところだそうです。

2014-04-08walk4

皇居の中だと思うと、厳粛な気持ちになります。

歩いている人も、見守る警官の方も、穏やかに感じました。

途中で出口方向が2つに分かれていました。

まっすぐ進んで乾門に出る道と、右に曲がって西桔橋から皇居東御苑を経て大手門、平川門あるいは北桔橋門から出る道です。

せっかく来たので、乾門から出ることにしました。

乾門を出て、左に進むと千鳥ケ淵・九段下方面、まっすぐ行くと北の丸公園、右にいくと北桔梗門から東御苑に入り大手門を出て東京駅方面に戻れます。

2014-04-08walk5





北桔梗門から東京駅を目指すことにしました。普段だと東御苑に入るのは、門でカードを受け取り、退出時に返すそうですが、今日はフリーパスでした。

2014-04-08walk6

東御苑には、初めて入りました。

緑が多く、広場もあって、よいところです。周りの高層ビルが見えて、都会の中の憩いの場だと思いました。

天守閣跡があって、石垣に登っている人もいましたが、写真を撮るのを忘れました。

松の廊下跡もありました。赤穂藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、吉良上野介に刃傷をはたらいた松の廊下があったところです。

松の廊下は、本丸の大広間から続く全長約50m、幅4mほどの畳敷の廊下だったそうです。

それから、富士見櫓です。富士山がよく見えたことでしょう。

2014-04-08walk8

石室(所蔵庫)後もありました。

大奥納戸の脇という場所だそうです。非常の際の、大奥用の調度などを納めたところと考えられているそうです。

抜け穴との話もあるようで、所蔵庫兼抜け穴も、あり得なくもないと思うのです。

2014-04-08walk7

大手門の手前に、三の丸尚蔵館がありました。昭和天皇が所有されていた絵画・書・美術品が国へ寄贈され、それが公開されています。

2014-04-08walk9

大手門を出て、石垣に囲まれた、お城らしさが残る一角を抜けると、内堀通りに出ました。

お堀には白鳥がいました。

2014-04-08walk10

初めて皇居の中に入ることができて、記念になりました。

公開初日に、開門時間の前に報道局が入り、すでに各局の朝の番組で紹介されていました。

それを見て、桜の本数は少なそうで、桜のトンネルのような道ではないのだと想像していましたが、実際は桜と松やもみじなどの緑との調和が素晴らしいことがわかりました。

普段は人けが少ないと思いますから、もっと厳粛な雰囲気なのだろうと想像できました。





秋もぜひぜひ訪れたいです。

そして、東御苑にももう一度行って、もっと時間をかけて歩いてみたいと思いました。


Inui Avenue of the Imperial Palace was open to the public especially for 5 days. Not just cherry blossoms but pine trees were also very beautiful.



関連情報

  1. 千葉県 鋸山と日本寺の御朱印
  2. 東京御朱印 品川神社
  3. 麻布十番商店街と六本木ヒルズの毛利庭園散策
  4. 椿山荘で開催された主婦フェスと庭園散策
  5. 御朱印めぐり東京 半蔵門の平河天満宮
  6. 上野アメ横商店街散策 二木の菓子とお寺
  7. 築地市場 場外ランチと買物散策
  8. 浅草和菓子食べ歩きと浅草神社御朱印
  9. 原宿ランチと東郷神社の御朱印
  10. 目黒雅叙園 百段階段と庭園散策


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

散策

東京近郊

御朱印

グルメ

ディズニーリゾート

美術館・博物館

ハイキング

山歩き

イベント

東京スカイツリーとソラマチ

お土産

デパート

交通

東京オリンピック2020

Author

管理人:JUN
居住地:東京